本丸の記録

刀とわたしの記録帳、の為ネタバレ配慮なしです。

0518-1

土曜日は夜に関東圏でライブ参戦の予定があったので、早朝着で移動して刀を見に行くことにしました。

 

両国 刀剣博物館

 

明石国行の展示があると伺いました。

両国国技館の1ブロック隣。近代的で素敵な建物。開館前の9:15頃に入口に行くと、既に10人程度並んでいました。

 

知らなかったのですが、博物館の日とやらで、いろんな博物館の入館料無料だったようです。

先着100人へしおり(通常はミュージアムショップで販売してるようです)も頂けました。

f:id:tsugumun:20190519230634j:image
f:id:tsugumun:20190519230717j:image

 

館内は写真OKでした。メモ取るのが下手なので、キャプション取れるのありがたい。

 

入口が物凄く詰まっていたので、先に空いてるとこから鑑賞させていただきました。

館内には予想してたより沢山刀がありました。

前の週にスコーレハウスの展示でいろいろ説明を受けていたので、見知った刀工の名前もたくさん。

ライティングが凝ってて、地肌も刃文もみやすかったです。

 

一番綺麗だと思ったのがこれ

 

重要美術品

刀 河内守藤原国助

f:id:tsugumun:20190519230550j:image
f:id:tsugumun:20190519230704j:image

堀川国広門下の末弟子さんだそうです。

乱れ刃の方が直刃の刃文よりも好きみたいです。

 

で、本命。

 

国宝

太刀 国行

f:id:tsugumun:20190519230614j:image
f:id:tsugumun:20190519230652j:image
f:id:tsugumun:20190519230711j:image

 

他にもいろいろ。
f:id:tsugumun:20190519230608j:image
f:id:tsugumun:20190519230601j:image


f:id:tsugumun:20190519230621j:image
f:id:tsugumun:20190519230648j:image


f:id:tsugumun:20190519230629j:image
f:id:tsugumun:20190519230641j:image

 

一周した後、帰ろうと思ったら受付で単眼鏡の貸し出しに気付いて、お借りしてもう一度みてきました。

 

単眼鏡すごい!

ガラスケースに張り付くように鑑賞してたんですが、普通に立ってても、お肌がよく見えますな。使ってみたらすげー欲しくなりました。

 

次回鑑賞までには入手したいです。